FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.09 2016 シアトル comment(0) trackback(0)
本日は朝から大商大のTeam練習の見学。
テーマは「焦らない」「オープンスペースをつくる」
12802813_1024673960939403_9173174666007890031_n.jpg

・4on3 BOXパッシングゲーム
・4on4 BOXパッシングゲーム(ボールマンダブルチーム)
・4on4 3Pライン内パッシングゲーム(ワンハンドノーキャッチパス)
・4on5 3Pライン内パッシングゲーム(ボールマンダブルチーム)
・4on4 ペイント内シュート(ランニングシュートorフローターショット)
・4on4 両サイド2on2ペイント内シュート(ランニングシュートorフローターショット)+キックアウトパスはキャッチアンドシュート

練習の中身が、制限のあるものから制限を取り除いていく。
この手法が取り入れられていました。

選手は制限が取り除かれるたびにより楽になる感覚を得られ、
制限のあるシチュエーションで身につけようとしていたスキルが
いかに必要かを気付いてくれるような感じを受けました。

僕が現役時代にはミスが起こる確率が多いノーキャッチパスを、
いかに効率良く習得できるかということが考えられており、
同時にダブルチーム時の対応方法であったり、
リングアタックの方法であったりが自然とトライできるシチュエーションが数多く見られました。
最後のライブ感覚の対人練習では、この練習をすることの意味を腑に落とさせてくれる内容でした。

このように自分以外のコーチングを見て、
その指導内容でどのような問題点が出るのか?
これはその一瞬でしか感じることが出来ません。
勿論、同じようなシチュエーションは出ると思いますが、全く同じということはありません。
その経験が出来ることはコーチとして良い材料です。

いかに思い描く状況を創り出して、
その中で選手に気付いてもらうという事はとても重要ですね。


夕方はPuget Sound Leagueに参戦した大商大のGameを観戦!
10301171_1024673937606072_1188241894652729583_n.jpg
12795560_998222850247163_4822408525625799059_n.jpg
午前中にやった内容を生かしながらとても良いゲームが展開されていました。
こちらでこのような経験ができるというのは本当に素晴らしい事だな〜と改めて感じた瞬間でした。


                                                    
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ume0823.blog56.fc2.com/tb.php/402-2630177c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。