FC2ブログ

大商大コーチングvol,3

.27 2016 シアトル comment(0) trackback(0)
大商大さんへの最後の指導機会
DF最後のまとめとして
・ブリッツ
・ブルー
・ハードショウ
上記3つをを紹介

ファイトオーバーで守れるスクリーンに対して過剰に上記のような手法を用いると
リスクばかりが表面化して意図しないシチュエーションを多く作ってしまいかねない

自チームの特徴を把握し、個人の特徴を把握し、
手法のメリットデメリットを理解してから選手に落とし込んでいく必要があると感じた

一つずつの手法を習得してから選択することを覚えないと、
その手法が使えないという認識になってしまったり、
選手自身が自分ではできないという感覚に陥らないように気をつけたい
 HOME