FC2ブログ

覚悟

.15 2018 心境 comment(0) trackback(0)
もう一つの大会という名のリーグ戦に参加させて貰ってます。
※詳しくはこちら
http://www.jbadreams.com/index/whats-jba.html

とても素晴らしい環境の中で、昨日も際立って強さを感じる選手に感動しました。
その選手は運動能力が高くありません。その為に側から見ると、「シュートが入らない」「DFで抜かれる」選手という評価をされます。

多くの選手はその評価の目が気になって「シュートを打たない」「DFでOFから離れてとにかく抜かれないようにする」そんな選択をしがちです。でもその選手は違いました。シュートを打ち続け、DFで抜かれ続けていました。

その選手はコーチから練習中に言われた、もしくは以前のゲームで言われたチームルールを徹底して守っていたんです。
①オフェンスではボールマンが攻めやすいようにポジショニングをして、自分のマークマンがボールマンにカバーに行ったらパスを受けてシュートをする。
②ディフェンスではベースライン方向にディレクションしてボールマンにプレッシャーをかける。(ベースライン方向へは抜かれても良い。)
③ボールマンと逆サイドに自分のマークマンがいたらカバーのためにミドルラインに寄る。

誰でも出来るこの3つの約束を、その選手は誰も出来ないぐらいやり続けていました。
そんな選手がいるチームはブレません。その選手がシュートを決めるわけでもないし、その選手が自分のマークマンを止めるわけでもない。でもチームでシュートは入るし、チームでリングを守ることが出来ます。

「覚悟」

最近よく考えさせられるこのワード
「やらされる」→「やりたい」→「やる」
「与えられた事をやる」→「自分のやりたい事をやる」→「自分でやりたい事のためにやるべき事をやる」

「与えられた事」と「やるべき事」やっている事は同じでも大きく違う。
先ずは「やりたい事」への覚悟。

選手に覚悟が垣間見える瞬間。魂がフルえるような感覚があります。そんな魂をフルわしてくれた選手との出逢いに感謝しかないです。



梅田のバスケットボール教室”梅クリ”受付中です。
興味のある方は、
info@kumamoto-redbears.com
こちらまでご連絡ください。
梅クリニック

パーソナルトレーニング”梅トレ”も随時受け付けております。
下記のカレンダーご参照ください。”空”が現在空いてる時間帯になります。
トレーニング場所は龍田の森体育館になります。
梅トレーニング


体育館は手配出来るので梅田だけきて欲しい”梅デリ”も随時受け付けております。
ご希望の方は
info@kumamoto-redbears.com
こちらまでお願いいたします。
梅デリバリー

今回感動した選手のお父さんへも「覚悟」を感じます。やはり選手にとって家庭環境は大きく影響するんだという事も改めて感じました。有難うございます。

縁joy Basketball !!!

火花

.09 2017 心境 comment(0) trackback(0)
IMG_0457.jpg
ーー
でも、お前にはそれが出来へんねやろ?そんなお前やからこそ、人と違う表現が出来るんやんけ。

ええな。

俺の実家な全然貧乏じゃなかってん。子供の頃な、ゲームとか玩具とか普通にあったからな、それで遊んでてんけど、よく中年が、俺達の頃は遊び道具なんてなかった、とか言うやん。あれ聞くたびにな、俺、わくわくすんねん。こんなん言うたらあかんねやろうけど、ほんまに羨ましいねん。だって、

ないなら自分で作ったり、考えたりできるやん。
そんなん、めっちゃ楽しいやん。

作らなあかん状況が強制的にあんねんで。お前やったらわかるやろ?
ーー

与えられるよりも自ら創る。
ちょっと大変だけど、そっちの方が楽しいんだと思う。
いや。人が大変だと思っていることすら楽しんでるのかもしれない。

「環境」

これは考え方にも行動にも大きく影響する。
より良い環境を目指して。

Isaiahのバッシュが欲しい

.07 2017 心境 comment(0) trackback(0)
Isaiah Jamar Thomas 選手とは以前から縁があり、注目していた選手だった。そんな彼が昨シーズンから大爆発。2年連続ALL STARに選出されるまでの選手になった。彼のプレーや発言や行動に対してより関心が高まる中、彼の履いているバッシュがとても欲しくなった。
妙なもので、自分でバッシュが欲しくなると他の選手やコーチが履いているバッシュが気になる。
今まで見向きもせずに気にもならなかったものが、いきなり目に入るようになり気になりだす。

面白い

日頃バスケットの指導をしていて、今まで何度言っても何を言っても響かなかった選手がいきなり変化する瞬間に遭遇する。例えばシュートフォームの"LINE"。よくありがちな肘が開いてしまう選手。この選手に練習ごとに肘を開くことを注意したり肘が開いているところを映像に収めて見せたとしてもなかなか響かない。コーチの見ている前ではやろうとしているが、いなくなると元通り。本人にしてみれば今のシュートフォームに不満はない状況なんだと思う。
バッシュが欲しくもないのに勧められたり、自慢されても「ふ〜ん」って感じだもんね。

バッシュが欲しい時のこの胸のざわざわ感と頭の中のぐるぐる感、その後手に入れて初めて履くときの感動。
劇的に変化する選手にはこの状況が起こってるんだろうなぁ〜。

HAVE TOではなくWANT TO

①want toになるような出来事。(plan)
②want toになるまで、待つ。(patient)
③want toしたタイミングを逃さない。(timing)

僕は③を逃して、すでに諦めモードに入っている。Isaiahのバッシュには縁がなかったのかなw
images.jpg

Want

.21 2015 心境 comment(0) trackback(0)
欲しいものはなんですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も机の中も探したけれど見つからない♪

欲しいものがないから見つけない
見つけない人に見つけさせるのは無理

でもなんで見つけないのって?

見つけたふりするのも大変さ
見つけた気にさせないでよ

自分自身なんて事はわかってる
でも本当に欲しいものはそんなもんじゃない

気付いた時には遅いなんてあんまりだ
今更そんな事言わないでよ

「タラララッタッ(↓)タッ(↑)タ~」
この音最高♪


さあいこうか

煮しめ

.18 2015 心境 comment(0) trackback(0)
大好きです「煮しめ」

作り方わかりません

煮しめっていうぐらいだから、煮汁の味付けって超大事ですよね

油揚げは味が染みるのが早そうで

昆布とかコンニャクは遅そうですね

そうなると切り方や煮る時間の調整ですかね

一つ一つ違うんでしょうね

でも最後は同じお皿の上で、どれも美味しいし、全員で「煮しめ」です
作る人次第ですね

流石です、お母さん
ありがとう

美味しい「煮しめ」食べたいです


さあいこうか
 HOME